書籍の宣伝、スポーツ紙、繁華街に張り付けられた広告やDMなどで、「多重債務の整理します」「負債をまとめたいと思ったら」と書かれた惹句を見ることがありますよね。「整理屋」「買取専門人」「紹介者」と呼ばれている悪徳企業の詐欺広告のケースがあります。それらを依頼した場合には自己破産申請手順の中で免責決定を得られない恐れがあります。「整頓人」は、広告などで借金を抱える人は集め、相当な手数料を要求して債務整頓をしますが、実際のところ借金整理はされず、借金者は一層の借金スパイラルにはまる結末がほぼすべてになります。「買取業」では負債人のローンで、電化用品、何らかのチケットをたくさん注文させて当人からこれらの品物を購入額の20%もしくは額面半額で買い直すという方法をとっています。債務者は瞬間的にはお金が懐に入りますが、まもなくカード企業によって商品の完全な請求が届くことになり、借金を増額させることになります。この場合、クレジットカード業者に対する犯罪とされてしまい免責をもらえなくなります。「紹介人」とは、大企業の貸金から断られる借金者に対し直接的な提供はしないでおいて、提供を受けられる関係無い店を教えて、すさまじい料金を取っている会社です。紹介人は高度な紹介で金貸ししてもらえたかに説明しますが、実際は何もせずシンプルに審議の甘い業者を知っているというだけなのです。この場合も実際のところ借金を増やすこととなります。