民事再生という方法は住宅ローンなどを含めて重債務に苦しむ個人をターゲットにマンションを維持しつつも金銭管理において立ち直るための法的な借金整理の処理方法としてスタートした制度です。民事再生は、破産申告のように免責不許可事由がないので浪費などで借金を作ったような場合でも取れますし破産をすれば業務が行えなくなる危険のあるポストで仕事をしている人でも制度の活用が可能になります。破産手続きの場合は、住んでいる家を対象外にすることは不可能ですし特定調停と任意整理では、元金そのものは返済していくことが必要ですので住宅ローンも払いながら返済をしていくことは困難だと考えられます。しかし、民事再生による処理を採用できればマンション等のローン以外の借金額は相当な負債を減額することができますので、余裕がある状態でマンション等のローンを支払いながら他のローンを返済し続けることもできるといえます。でも、民事再生による解決は任意整理や特定調停といった手続きとは違って一定の債務を切り取って処理していくことは無理ですし破産申請のように元金それ自体なくなってしまうわけでもありません。また、そのほかの解決策と比較すると簡単には進まず期間もかかりますので住宅ローン等が残っていてマンションを維持したい時などを除外して、破産宣告のような他の選択肢がない時の最後に考える解決策としておいた方がいいでしょう。