任意整理という言葉はよく借金整理とも言われおのおのの貸方へ債務の返済を行うことを前置きとした借金整理の方法なのです。実際の手続きとしては、債務処理経験のある司法書士あるいは弁護士の有資格者債権者とあなたの間に立って相談し合い、法にかんがみて利息の引き直しを実行して一から計算した借入金の元金についての借入利息をカットしたことにより36か月ほどの期日をめどに返済を行っていく借金整理の対策です。任意での整理は警察といった公の機関が処理しないためにそのほかの方策と比較すると、利用したときにおけるリスクが少なく方策そのものが依頼者に最も問題になりませんのでここから比較検討したほうがよい手順でもあります。また、サラ金のようなとても高額な利息であるなら、法が許している金利などを超えて渡した金利分に関しては元金に充当できるとみなされもととなる元金を少なくしてしまうことだって可能です。なので、ヤミ金のように大変高額な利息を取るところに対し長い間返済し続けている例では一定の金額を減額できることもありますし十数年返してきた例では元金自体が消滅する場合もあります。任意整理のポイントは自己破産手続きと違い一部の借金だけをまとめることが可能なため保証人が付く借金以外だけを手続きしていく際やマンションのローンを別として手続きをする場合などにおいても活用することも可能になりますし、資産を放棄してしまうことは必要とされていないので、貴金属やマンションなどの財産を所有していて処分してしまいたくない状況であっても選択肢になる借金整理の手続きといえます。いっぽうで、手順を踏んだ後の返済金額と収入額を比較検討して常識的に見て返済の目処が立てられるようであれば任意整理の手続きで進めることに問題ありませんが自己破産と異なり負債そのものがなくなるのではありませんので、お金の総量がかなりになる場合には、任意による整理の選択肢を選ぶのは難しくなると考えるのが無難でしょう。