自己破産申請までの時間は提訴という類の法に基づく要求は許されます。また自己破産の作業に進んだあと申し込みまでに余計な時間があった際には債権人に訴えられる確率が高くなります。債権保有人サイドとしては残金の清算もされないまま、そのうえ破産などの法律上の処理もされないという状況であると組織内部での対応をやることが不可能だからです。要するに訴訟の結果どういった裁定がなされようとも破産についての申請人に返す資産はないのです。取立人も認識しており、訴えなどといった威嚇行為で都合のいいように和解に進めて返金させるなり債務人の親族に返金させるというようなことを目的にしているときも見られます。(注意)平成17年から改正された新しい破産法では自己破産申請をすると差し押さえのような法律の手続きは実効性がなくなることになったのです。したがって、昔の破産法の時とは異なって裁判をやっても無駄になると思われるとして、本当に裁判をしてくる業者はほぼすべて消滅すると予想されます。そういった側面でも、平成17年からに改正され従前と比べると申請しやすくなったと考えられます。督促状のときでは督促というのは負債者に対して債権の払込をしなさいという督促です。通常の提訴をするケースとは違って、債権人の一方的な主張を受けて行われるためオーソドックスな審議のように日数と代金が高くなりすぎないので債権者がよく使用する法律手段です。裁判所に対しての督促の要求があった場合、裁判所によった手紙が来ることになってその知らせが配達されてから2週間経つと、債権者は借金者の財(給与債権なども対象とする)に関し差押え行動が可能になってしまいます。支払督促に対して異議を作ることができるならオーソドックスな審理に変わることになると思われます。(注)普通の審議は長時間がかかりますから、免責がもらえるまでには判決内容がなされない予測が濃厚になることは知っておきたいです。