外為取引(FX)の投資の目標は各国各々の公式通貨でしょう。

流通貨幣について勉学に打ち込んでみようと思います。

・流通通貨には「基軸通貨」と称されているものがあります。

基軸通貨というのは、国際間の決済において金融商品の取引について重視して使用される貨幣のことであり、今はアメリカ合衆国ドルです。

かつてはスターリング・ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦が終わった後アメリカドルになったのです。

流通されている公式通貨の種類においては、他で言う外貨の投資に比較してみた時かなり多いのが特質です。

FX企業間によって、、扱っている貨幣の種類は異なってますが、通常では約20種類あるようです。

その中でも変動が大きくなっている流通通貨をメジャー通貨と言います。

変動が高い数値とはやり取りが活発に実施されておりまして、流通通貨の商売がたやすいという事を意味します。

重要な通貨には上記において言いました基軸の通貨のアメリカドルに、日本の円、?(ユーロ)3つの貨幣がございまして、世界の3大通貨呼ばれています。

スイスのフラン、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われています。

世界三大通貨と準メジャー通貨以外の動きが少しの通貨はマイナー通貨と言われて国の力や経済に関するパワーが乏しい国の通貨価値で南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、メキシコペソなどが主要な通貨については売買している程度が豊富なという事もあり、値の乱調が安定していて、情報の量も多くいきかっているようです。

マイナー通貨については利息が高額なことが多いので価格の起伏が大きいそうです。

値動きが激しいという事に関して、絶大な黒字を得るタイミングがあるのですが利益がある分マイナス要因も大きくて不安定事があります。

それと同時に流動性があまりない流通貨幣なのでフィックスを求めるときに決済が出来ない可能性があるので気をつけましょう。

どの種類の通貨をえり好みするのかという事は、流通通貨の特性を十分に吟味してから取り組む事は大切であるのではないかと感じます。