クレジットカードの上限額が所有者が通常使う以上より多くなっていると大丈夫だと思い誤って、あまり考えずにクレジットカードを使用してしまったりします。

そのようなクレジットカード使用過多を減らすためにクレカの最高額を自主的に低レベルにセーブしておこうという意見が、これから提案する文の主旨です。

カードの限度額の引き下げ方□クレジットカードの月の限度額を減らしておくには、月の限度額を上げるやり方とともに非常に単純です。

クレカのバックに書かれている専用窓口に連絡して、「利用限度額の引き下げをしたい」というふうにセンターの人には依頼するだけです。

一般には現状のカードの限度額に対して下であれば、これといった手続きもなく限度額の変更が可能となります。

利用限度額をセーブしておくのは資産を守ることに繋がっている▽上限引き下げは、自分をコントロールできるという良いことのみならず資産を守ることにも影響します。

仮にだが、クレカが紛失等により勝手に使用されるような場合でも、日頃からカードの上限を少なく申請していたなら被害を最小限にとどめることもできるからなのです。

強調しておきたいのは想定外にも知らない間に使用されたような状況でもクレジットカードの所有者に重大な違反がないなら盗難保険と呼ばれる機能が加入者をサポートしてくれるわけなので不安を感じることはないわけですが1%の可能性のことを考え、多めの限度額は低くしておくと効果があるでしょう。

使うことのない上限額は良くないことなんです。