しみの主な原因になるのは今まで肌に蓄積された紫外線によるダメージになります。
紫外線のダメージを受けた肌は新陳代謝が悪くなるといつまでも残ってしまいますので、それがしみとして見えるようになっています。
なのでしみを防ぐためには紫外線を肌に浴びないようにする事が重要で、それには日焼け止めが最も効率的な方法になります。
しかしキチンとした使い方を知らないままだと効果的な紫外線対策はできないようになっています。

まず日焼け止めを選ぶ目安であるSPFなどの数値ですが、これは室内にいる時やちょっとした外出の場合は低いものでも大きな問題はありません。
ただ長時間屋外に出る場合や、アウトドアスポーツをする場合には数値の高いものを選ぶなど適切に使い分ける必要があります。
次に日焼け止めを塗る時のポイントですが、こちらはムラなく塗る事が重要になります。
したがって日焼け止めを塗る前に化粧品などで肌に潤いを与え、日焼け止めを伸ばしやすくする必要があります。
また、ムラなく全体に伸ばす事で塗り忘れる部分を無くすことが可能になります。
そして塗る時の量ですが、この場合は用量を目安にする事が良いとされています。
例えば少なすぎても意味はありませんし、多すぎた場合には重たく感じられるようになってしまいます。

こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒しみ 日焼け

関連記事